HOMEBWB MUSIC-THUNDERCAT -APOCALYPSE

BWB MUSIC

BWB MUSIC

-THUNDERCAT -APOCALYPSE 1,886円(税抜)

・APOCALYPSE
・THUNDERCAT
・Brainfeeder
・BRC-383

フライング・ロータスの金字塔的名盤『Cosmogramma』にベーシスト/ヴォーカリストとして参加後、フライング・ロータスとの共同プロデュースという形で制作されたデビュー・アルバム『The Golden Age of Apocalypse』をフライング・ロータス主宰のレーベル〈Brainfeeder〉からリリースし、ジャイルス・ピーターソンをして「ジャコ・パストリアスの『ジャコ・パストリアスの肖像』以来、ベース・プレイヤーが作った最も重要なアルバムかもしれない」と言わしめ、インディ・ロックとジャズ、そしてエレクトロニカが絶妙に入り交じった名作としてロング・セラーを記録。ロック〜ファンク〜R&B〜ジャズとジャンルを超越する名作として、一気に世界的評価を獲得するに至った。

彼の音楽性を語る上で、まず触れるべきは超絶技巧というべきベース・プレイだろう。彼ほどのテクニックを持ち、また彼ほど多種多様な作品やライブでベース を弾いているベーシストは他にいない。エリカ・バドゥやフライング・ロータスの作品にベーシストとして参加しているのはもちろん、デーモン・アルバーンと フリー、そしてトニー・アレンによるロケット・ジュース・アンド・ザ・ムーンや、グラミー賞受賞アーティスト、ロバート・グラスパー・エクスペリメントの ドラマーであるクリス・デイヴのソロ・プロジェクト、クリス・デイヴ&ドラムヘッズ、フランク・オーシャンのプロデューサーとして知られるオンマ ス・キース(サーラー・クリエイティヴ・パートナーズ)のミックステープ作品でもその腕を披露している。同様にスタンリー・クラークやスヌープ・ドッグの ライブにも参加し、スラッシュ/ハードコア・パンクバンドとして知られるスイサイダル・テンデンシーズの現メンバーとしても活躍。前座も務めたレッド・ ホット・チリ・ペッパーズのライブでは、同じくトップ・クラスのベーシストとして知られるフリーから「サンダーキャットはヤバい!」と紹介されステージに 登場。あの名曲「Give It Away」でベースを弾いてしまうという前代未聞の事件を起こしている。



Track List

01. Tenfold
02. Heartbreaks + Setbacks
03. The Life Aquatic
04. Special Stage
05. Tron Song
06. Seven
07. Oh Sheit it's X
08. Without You
09. Lotus and the Jondy
10. Evangelion
11. We'll Die
12. Daylight (Reprise) *Bonus Track for Japan
13. A Message for Austin / Praise the Lord / Enter the





Off Main St. Trailer from Off Main St. on Vimeo.



NO.800 個数
P
ご購入の前にお読み下さい > 返品について

RECOMMEND

RECOMMEND